2020年1月から投資を始めた理由

資産形成
スポンサーリンク

こんにちは!

読んで頂いてありがとうございます!!

 

さて、今回は私が投資を始めたきっかけについてお話ししていきたいと思います。

投資も始めた理由自体は副業と同じく大した事はありませんが

私がどのようにして投資を始めたかとお伝えさせて頂きたいと思います。

それではどうぞ!

 

スポンサーリンク

2019年10月に両学長の動画に出会う

元々は現金主義だった私ですが、2019年9月からキャッシュレス還元事業に

便乗し、ペイや副業を調べている時にYouTubeで両学長の動画に出会いました。

内容は忘れましたが、動画を3~4本見終わった感想としては

マジで胡散臭い(笑)でした(笑)

これは無料で誘い込み有料商材を販売するやつですやん!!(笑)

そう思いながらも内容的には初心者には為になりそうだ!と思い

今後動画に関してはいつか売られるであろう教材には手を出さず、

ノウハウの考え方だけを見てみようと思っていました。

*ズルい考えですね(笑)

 

ただ両学長の動画は株式投資に関しても触れており、

株式投資を始めてみたいと思っていた時期でもあったので、

株式投資の勉強の為、両学長と他の方の動画を同時並行で見始めました。

他の方々の動画と並行して見続けていく中で私の中で変化が生まれてきました

他の動画では初心者向けに・・・と言いながら要所要所で知らない言葉を使っており

本で調べないと理解が追い付かない事が多々ありました。

両学長の動画の場合は多少知らない言葉があったとしても

「いまはこれくらいの理解で大丈夫」とわかりやすい例えを使っており

本当に初心者が見て単語や仕組みを覚える事に最適な動画だなと思い

株式投資の動画(140本くらいあったと思いますが)をすべて見た上で

動画通りに資産が増えたら最高やん!!と思う様になっていました(笑)

お前、手のひら返しやべぇな!

 そんな声が聞こえてきそうです(笑)

 

手のひら返しが続きますが(笑)・・・全くの初心者が株式投資の

勉強を始めるには両学長の動画が最適だと思います。

あくまでも全くの初心者が」です。

ある程度の知識がついてきたら別の方の意見や書籍を読むことをお勧めします!

そうしないと偏った知識で投資を始めてしまう事になってしまいます。

 

2019年11月に証券口座を開設

10月から見始めていた両学長の動画ですが、株式投資を始めるには

証券口座を開設しなければ何も始まらないと理解をしました。

その上で楽天証券SBI証券のどちらを開設しようかと考えた結果・・・

両方の証券口座を開設しました!

どっちを使うかまだ判断出来ていなかったからです。

ただ11月くらいには楽天ポイントせどりを始めてみようと思っていたので

いまとなっては両方で作っておいて正解でした。

私はあまりネット関係に明るくはないのですが、そんな私でも

時間さえかければ証券口座開設は簡単に行う事が出来ました。

証券口座を開設するだけならお金はかかりませんので悩んでいる方は

証券口座をとりあえず開設する事をお勧めします。

 

2019年12月銘柄の選定

証券口座も開設し、あとは買うだけだ!!となった時に大きな問題に直面しました・・・

あっ!買う銘柄決めてない( ゚Д゚)

でした(笑)

 

株式投資の仕組みや始め方、値動き、考え方などは動画を見て勉強してましたが

肝心の銘柄に関しては全く決めていませんでした(笑)

この頃には両学長の動画だけではなく、バフェット太郎さん、たぱぞうさんの

書籍や、ウォール街のランダムウォーカー、金持ち父さん・貧乏父さんなど

株式投資に必要そうな書籍も読み漁ってました。

恐らく10月から読んだ書籍は30冊くらいは読んでいたと思います(笑)

 

そんなこんなで購入する銘柄を決めて買付設定をしました。

驚くほど簡単に設定を出来たことは覚えています。

まさに

「スタバでフラペチーノを飲むくらいカンタンさ!」

でした(笑) さて、誰の名言でしょうか?(笑)

 

投資を始める上で参考にした書籍

 

 

 

 

 

こちらで紹介したのは読み漁った書籍のほんの一部ではありますが、

初心者の方には比較的読みやすい書籍ですので、

株式投資に興味がある方は是非どうぞ!

 

まとめ

2020年10月現在で投資歴10カ月目となります。

最初は貯金に回している金額をすべて株式投資に回そうかとも思ったのですが

初めて始める事に毎月大きな金額を使う事に少し恐怖もありましたので、

初心者の私は貯金に回している資金の一部だけを投資に回そうと決めました。

 

*実は米国ETFに1月の段階で試しにとそれなりの金額を突っ込んだこともあり

コロナショックでの値動きの激しさを経験したので少し怖がっています(笑)

それと、来年以降にはお金が出ていくイベントが多々あるので現金資産は

多めに持っておきたいのも理由の一つです。

 

株式投資はまだまだ初心者ではありますが、不労所得のありがたさも

今年の6月に受取った配当金で感じる事が出来ました。

投資を始めたばかりの頃の配当金は少ない金額ではありますがお金に働いてもらう事を

実感できると思います。また少しでも配当金が入れば

「元手をこれくらいにすればあれくらいの配当金が・・・」

と夢も膨らみます(笑)

 

じゃあ今回はこのあたりで、ではまた!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました