積立NISA(つみたてニーサ)ってなんだろう?

資産形成
スポンサーリンク

こんにちは!

読んで頂いてありがとうございます!!

さて、今回はつみたてNISAに関してお伝えしていきたいと思います。

ただこの記事は私の知識のアウトプット記事となります。

投資を全く知らない私が勉強した知識を記事にしていますので間違いもあるかもしれません。

その場合は御指摘いただければと思います。

またこの記事でつみたてNISAに興味を持っていただきもっと詳しく知りたい!!と思った方は

もっと詳しい方の記事を見てください!!(笑)

それではどうぞ!!

スポンサーリンク

つみたてNISAってなに??

つみたてNISA、正式名称は

少額投資非課税制度!!

はい、覚えられません。

そう思った方は多い事でしょう(笑) 私もその一員です(笑)

なんでお国の偉い方はこんな難しい名前にするんだろう。

もっと簡単な名前にしてくれればいいのに(笑)

あっ、だからつみたてNISAって名称があるのか!!

つみたてNISAは簡単に説明すると

投資で得られた利益にかかる税金が非課税になる・・・です。

じゃあ普通の投資は利益に税金がかかるの?? と思いました。

普通の投資の場合は利益に対してかかる税金は

20.315%が税金として持ってかれます(笑)

結構な割合で持って行くのね・・・。

第一印象はそんな感じでしたね。

つみたてNISAのメリット。

それではメリットは何でしょうか?

言わなくてもなんとなくわかりますよね??

そう!!利益が非課税になる事です!!

例えば投資信託を運用して10万円の利益が出たとします。

この時に普通の投資信託であれば2万315円(10万円×20.315%)の

税金がかかります。

手元に残るのは約8万円となります。

まぁでもそんな程度なら・・・。

私の最初の印象です。

ただこれは金額が少ないからでした。 例えば下記の場合では如何でしょうか?

例えば・・・

利益100万円

20万3150円(100万円×20.315%)

利益1000万円

203万1500円(1000万円×20.315%)

いやいや!税金持って行きすぎでしょ!!

この様に考えが変わりました(笑)

非課税期間でのつみたて金額。

でもさ、1000万なんてたまらないでしょ(笑)

そう思いませんか?(笑) 私はそう思っていました(笑)

だって月々に3万円を貯蓄に回したとして何年かかるのか?

3万×12カ月×27年8カ月=1000万8000円

ほら~やっぱりすっごい大変じゃん(笑)

ちなみにつみたてNISAの非課税期間は20年間です。

じゃあもっと無理じゃん!!

そう思っていた私がいますが下の計算をして考えが変わりました。

ん?

んん??

んんん???

まじかーーーー(≧▽≦)

なんでこんなにお金が増えるの??そう思っていました。

今回はつみたてNISAの話なので詳しい話は控えますが、

選ぶ商品によってはそれなりのリスクを受け入れれば年利5%は決して難しい数字ではなく、

またそれより少ないリスクであったとしても3%は比較的安定的な数字なのだと後に知りました。

まとめ

簡単ではありますがつみたてNISAに関してなんとなくのイメージは

掴んで頂けましたでしょうか? もちろん投資ですので元本割れのリスクはあります。

しかし時代は変わっています。私たちが「お金は貯金!!」といったイメージは

父母や祖父母からの教えによるものではないでしょうか?

昔の世代の方々はそれでもお金が増えていました。しかし私たちの時代は増えません。

その事実は嘆いても羨ましがっても変わりません。

で、あれば自分が変わらなければ時代に取り残されてしまう。そう考えて投資を始めました。

この記事を読んで投資に興味を持っていただけたらこれ以上嬉しい事はありません。

しかし1点だけご注意を!!投資は自己責任!!

じゃあ今回はこのあたりで、ではまた!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました